カギは「主体性」

弊社HPをご覧いただき、ありがとうございます。
ディアログ合同会社  代表の小川 剛司(つよし)です。


みなさんの会社は、
期待通りの成果をあげられていますか?

インフレが続く厳しい経済環境のなか
「人的資本経営」「リスキリング」「学び直し」の名のもと
研修費用(社員への支出)を増やしてみたものの
期待した成果が出ないということはありませんか?

同じように社員に支出をしているにも関わらず
「投資」となって成果につながっている企業と
単に「費用」が増えただけの企業があります。

両者の違いは何なのでしょうか?


ポイントは2つ。
「大人の学び」と「主体性(オーナーシップ)」です。

変化の少ない時代であれば、
参加者が能動的に“答え”を教わる研修を受け、
教わった答えに従って仕事をすれば
成果をあげられたかもしれません。

しかし不確実性の高く変化の激しい現代においては、
これまでの答えが”正解”とは限りません
し、
そもそもすべての会社に共通する“答え”などありません

このような時代には、参加者が「主体的」
自社にとっての“正解”を決め、成果につながるまで
試行錯誤を繰り返すことが大切です。

弊社ではこのプロセスを「大人の学び」と名付けています。

「大人の学び」

  • 主体的に新しいことを学び・試す
  • 試した結果を記録・観察し、自問自答して修正を加える
  • それを楽しんで続けて成果につなげる



「大人の学び」が必要なのは、企業に限りません。

世界で類をみないほど安全で安価に暮らせる日本に生まれ、
多様性が尊重される時代になっているにもかかわらず、
他人の目を気にして、周りの空気に忖度して
閉塞感を感じて意欲をなくしている方がいます。

一方で仕事もプライベートも充実させて
毎日を楽しく過ごしている方も
数多くいらっしゃいます。

この違いは何なのでしょうか?

これまでの価値観や常識に縛られて、
望んでいないことを毎日”イヤイヤ”行っているか。

「大人の学び」を通じて見つけた
自分自身の”答え”に従って生きているか
「自分満足」な人生を過ごしているかどうか
の違いだと考えています。

「自分満足」というと、
自分のことだけを考えている「身勝手な人」に
聞こえるかもしれません。

でも一人ひとりが「自分満足」を目指すからこそ、
個人としての達成感が得られるだけでなく、
周りに良い影響を与えることで、家庭を社会を、
そして企業を活性化することもできるのです

「自分満足」:相手の期待を超える成果を残して初めて達成できるもの
「自己満足」:相手の期待に達していないにも関わらず自分だけが満足するもの

「大人の学び」を始めませんか?

ディアログ合同会社
代表社員 小川 剛司(つよし)

※noteに「大人の学び」についてまとめています。
https://note.com/dearlog/m/md967ce276400

小川 剛司(つよし)


1967年(昭和42年)広島県生まれ。

大学卒業後、
アメリカン・エキスプレス、アビーム・コンサルティング、
GEキャピタル(現、三井住友ファイナンス&リース)に勤務。
電話応対や与信・債権管理、組織・人材開発、マネジメント、
数百億円規模のプロジェクト運営など多様な業務に従事。

55歳を機に早期退職の道を選び、兵庫県芦屋市にて起業。

「大人の学び」「主体性(オーナーシップ)」をキーワードに
コンサルティングや研修、コーチングなどを通じて
活力ある企業や個人の実現を支援

私生活では海好き、猫好き、読書好き。
食べること、特にカレー・スイーツ・コーヒーをこよなく愛しながら
20代の頃の体脂肪率と柔軟性を保ち、毎年の人間ドックを心待ちにしている。

米国公認会計士試験全科目合格・DiSC認定資格者
小型船舶免許2級・中型自動二輪免許
J.C.Q.A.認定 コーヒーインストラクター2級


Twitter

Twitter のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Twitter の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Twitter のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

お問合せ

お気軽にお問合せください。